Skip links

ニューノルディックキュイジーヌは、デンマークが発祥の食文化です。

デンマークは北欧諸国でガストロノミーリードしている国です。デンマークは35のレストランがミシュラン星を獲得しました(2019年度)。

2004年、デンマークの主要なシェフのグループが集まってニューノルディックキュイジーヌのキッチンマニフェストを作成したことから始まりました。シェフは、純粋、季節、倫理、持続可能性、品質にもっと重点を置くべきだと述べました。それ以来、デンマークはガストロノミーの革新の最前線に立ってきました。

このメンバーの一人が、デンマーク出身のシェフ、レネ・レゼッピ氏です。彼のレストランNoma(ノーマ)は、2010年、2011年、2012年、2014年に「世界最高のレストラン」を4回受賞し、世界に名を響かせていまデンマークで唯一の3つ星付きミシュランレストランであるゼラニウムのヘッドシェフ、ラスムス・コフォードは、世界シェフチャンピオンシップのボキューズドールに参加し、ブロンズとシルバーの両方を受賞後、2011年にゴールドメダルを受賞しました。数々の受賞歴によって、デンマークの消費者も、ガストロノミー経験をすることがデンマーク国内でもできるようになりました。

世界をリードする美食の国の1つとして、デンマークの変化は、世界中の食品企業だけでなく、シェフにもインスピレーションを与えています。
ニューノルディックキュイジーヌへ変化は、レストラン業界だけでなく、特別な素材への需要が厨房や食品業界で高まるなど、北欧地域全体に影響を与えています。

デンマークがガストロノミーのリーダーとなることで、世界中のシェフや食品企業にインスピレーションを与え、デンマークは食文化が絶え間なく変化を続けながらも、地元の食材を活用して、地産地消を進めるなど、食の生産と消費に責任のある行動も示しています。

“FoodNation”より翻訳。無断転用を禁じます。
Geranium
Geranium Per Henrik Lings Allé 4, 8. 2100 København Ø