Skip links

食料生産性を上げるデンマークのテクノロジー

人口増加が加速する中、十分な食料を世界中の人々に供給することが将来の最大の課題となっています。デンマークは、食の品質を高める技術や、持続可能な方法で食料を確保する技術で世界を牽引しています。

世界の人口増加と人口分布の変化により、様々な課題に直面するなか、食料供給の体制への変化も求められています。全ての人々へ十分な食料をいきわたらせるソリューションとして、抜本的に改革したテクノロジーの導入が求められています。すでにグローバル食品企業の数社が、デンマークのテクノロジーを導入しています。技術を導入した結果、規格のそろった食品製造が可能になり、生産能力も向上し、また、水や電力使用量を削減できることで、企業のコスト削減に貢献することにも成功しています。さらに、最適なテクノロジーを導入することで、食廃棄を最小限に抑えることも可能となります。

デンマークは高性能テクノロジーの分野で世界を牽引しています

現在、デンマークの食料生産技術は、効率的かつ迅速で、食廃棄レベルを低減させています。これは、デンマークの食品機械が、世界中で求められている高品質で均質な製品を生産することを可能にしているからです。
2017年、日本の大手鶏卵製品製造企業が、デンマーク企業、オヴォダン社(Ovodan)の自動割卵機を導入し採用しました。1時間あたり140,000個の卵を割卵できる能力に加え、卵白と卵黄を自動分割できる機能を兼ね備え、食品製造工程の段階から廃棄する無駄なものを最小限に抑えています。

1時間あたり140,000個の卵を割卵できる能力に加えて、卵白と卵黄を自動分割できる機能を兼ね備え、食品製造工程の段階から廃棄する無駄なものを最小限に抑えています。

デンマークの機械が、日本の食品製造工程に導入されたことは、デンマーク・フード・クラスターのテクノロジーが世界中に届いていることを表しています。2013年度、デンマークのテクノロジーの80%がデンマーク国外で導入されました。これは、デンマークが持続可能な食の未来への解決策を提供し貢献していることを意味しています。

“FoodNation”より翻訳。無断転用を禁じます。
Ovodan
オヴォダン
Havnegade 36 5000 Odense C Denmark